市民の代弁者 静岡市議会志政会のホームページです

文字サイズの切替 

会議日程

令和2年6月定例会会議日程  会期:6月16日〜7月13日 28日間

次回定例会会議は、令和元年6月16日より7月13日までの28日間です。
詳しい日程・内容については下記日程表をご覧下さい。
☆令和2年6月定例会会議日程表

■終了した定例会会議日程(直近2年間分)
☆令和2年2月定例会会議日程表
☆令和元年11月定例会会議日程表
☆令和元年9月定例会会議日程表
☆令和元年6月定例会会議日程表
☆平成31年4月臨時会会議日程表
☆平成31年2月定例会会議日程表
☆平成30年11月定例会会議日程表
☆平成30年9月定例会会議日程表
☆平成30年6月定例会会議日程表
☆平成30年2月定例会会議日程表

議会質問

令和2年2月定例議会質問一覧

■代表質問   後藤 哲朗




Q:静岡市では、3次総の最大目標として「2025年に人口70万人維持」を掲げているが、これまで4年間の社会動態は1,551人の社会減であった。 市長として、第1期総合戦略の評価・分析をどのように捉え、第2期に向け、どのように取組んでいくのか。

A:市長:総合戦略をH27年に策定し、5年間集中的に「新幹線通学費貸与事業」「テレワーカー移住促進事業」など、人口維持・増加策へ果敢に取組んだ。この結果、H30年に公表された2025年推計人口が、約67万人と、H25年の公表値より約17,000人もの上方修正へつながった。しかし、人口減少の緩和はできたものの、増加にまでは至っていない。
 第2期総合戦略では、若者の地元就職、UIJターン就職の促進、子育て支援策の充実と言った移住定住策などに取組んでいく。

Q:サッカースタジアム構想の策定に向けどのように取組んでいくのか。

A:市長 :「交流人口」「関係人口」という観点から言えば、本市の地域資源である「サッカー」を今後さらに磨き上げていくのは有力な選択肢と考える。サッカースタジアム構想は、一朝一夕に進むものではないが、先進事例の調査や周辺施設の検討など、3次総期間中に構想づくりに着手し、それを踏まえ、4次総の中で方向性を示していきたいと考える。

Q:市発案による公共施設への民間活力導入はうまくいっていない。アセットマネジメントを進めるためにも、既存公共施設の活用を含め民間事業者が自由に提案できる仕組みを構築するべきと考えるがどうか。

A:利用が決定していない市有地や建物の利活用などに関し、民間事業者が自由に提案できる制度について、必要性を認識している。これまでの検討から、民間事業者からは、制度の導入に関し好意的な反応を得ているが、行政は公共性を、民間事業者は収益性を求めることから、それらをいかに両立させるかや、民間事業者が提案しやすい環境づくりなど、課題も見えてきたところである。今後はそれらの課題を解決し、事業の実現に繋げていく。

Q:清水地域には、経営状況が厳しい清水病院や地域医療構想に係る再編統合の議論が必要とされた公的2病院がある。今後、3病院の連携や役割分担が必要になってくると考えている。区民の安心・安全を維持するために、医療体制を整える必要があると思うが、どのように考えているのか。

A:清水地域では、医師不足が顕著で、救急医療体制の確保等で課題がある。地域医療構想の実現に向けて、清水病院以外の公的2病院が、静岡保健医療圏で「他に類似かつ近接」する医療機関として、「具体的対応方針の再検証の要請」の対象とされた。
 区民の安心・安全を守る医療体制を構築するため、清水地域の公的3病院の連携を目指し、清水地域における医療体制検討協議会を立ち上げた。今後、清水地域の公的3病院の現状を共有した上で、連携や強化の対応方法について、協議・検討をしていく。

Q:災害時の医療体制について、県外からの医療チームの受入体制はどうなっているのか。 また、地域の救護所における看護師をどのように確保していくのか。

A:災害時、状況によって、県に対して、DMATなどの医療チームの派遣要請を行い、その受け入れについては、「保健所」と「清水保健福祉センター」の2か所を拠点として行い、地域の医療ニーズに応じて医療チームを被災現場に派遣する予定となっている。
 地域の救護所における看護師の確保について、災害時には、地域の開業医、歯科医師、薬剤師が、救護所に参集し、救護活動を行うことになっているが、その効率的な運営のためには、看護師の確保が重要であると認識している。医師会と協議し、開業医に勤務する看護師に協力をお願いしているが、今後は、県看護協会とも連携し、救護所における看護師の確保に努めていく。

■個人質問
稲葉寛之
Q:中部横断自動車道の中央自動車道までの開通を見据え、アクセス道路となる県道清水富士宮線の現在の整備状況はどのような状況か。

A:当該事業は、庵原から伊佐布地区の現道狭隘区間延長3,321mのバイパス整備事業であり、現在清水庵原球場南側の道路整備を施行中で、完成は令和2年末を予定。これにより、通勤時間を中心とした慢性的な渋滞や、通学路でありながら歩道の幅員が狭いなど、多くの課題が解消することが期待される。 また、清水いはらインターチェンジに接続する高架部の架設工事及び大久保山の切土工事は、着実な事業進捗を行い、令和4年度末の完成を目指す。

佐藤成子
Q:第2期戦略で、人口規模を都市活力の源泉の一つに過ぎないと言い切り、「定住人口」のみに頼らない時代を迎えようとしているとし、新たな目標を設定している。「関係人口」と言う概念も含め、どういう考え方か。

A:「関係人口」と言う新しい概念を取り込み、定住はしないものの、テレワークを活用した2地域居住者や兼業・副業者、あるいはふるさと納税者など間接的に静岡市と関係を持つ対象者まで視野にいれた体系を組立てた。この体系に沿って、引き続き、市外企業との連携強化などの事業を進める。 また、ふるさと納税制度を活用した、市民団体などへの支援にも着手していき、関係人口拡大に努め、人口活力が溢れる都市へと繋げていきたい。

令和元年11月定例議会質問一覧

中山道晴
Q:人口減少が止まらない本市ですが、若者層の働く場づくりは重要なテーマである。「産業振興プラン」前期を終え、雇用創出に向けて後期計画はどのような見直しを行ったのか。また、海洋産業クラスター創造事業の取組みと成果はいかがか。

A:後期計画では、「産業振興における新たな視点」「中小企業の持続的な成長を支える取組み」を重点として、中小企業に対し、「人材の確保」「創業・新規事業の創出」などに力を入れていく。
 海洋産業クラスター創造事業では、H28 年度から事業化を目指し12 件の研究プロジェクトに取組み、「静岡釜揚げしらす缶詰」他1 件が事業化されている。 また、トラウトサーモンの陸上養殖事業にも着手している。

稲葉寛之
Q:これまで、どのように保育所等の待機児童対策を進めてきたか。また今後、どのように保育所等の待機児童対策を進めていくのか。

A:子育て支援施策の中でも、特に保育所等の待機児童の解消を重点施策に位置付け、対策を進めてきた。民間活力を最大限に活用しながら必要な保育定員の確保に努め、2年連続となる待機児童ゼロを達成できている。
 今後も保育所等の利用ニーズは増加見込みであることから、必要な保育定員の確保を進めていく。確保に当たっては、保育の需要と供給の地域的なバランスを考慮しながら、私立園の意向も確認し、市民ニーズに的確に対応できるよう、待機児童ゼロの継続に向けて取り組んでいく。

佐藤成子
Q:人口増加策としての「しずおか中部連携都市圏」の形成、5 市2町広域連携について、その目的・成果は。

A:スケールメリットに期待し、国の動きにいち早く呼応。圏域の一体感を醸成させるため圏域内の住民の交流を活発化させている。他の市町のイベントニュース「GO TO」を発行。東海道の街道文化の発信や圏域内合同のイルミネーションPRを行った結果、圏域全体の観光交流客数増加に?がっている。
今後は、「海・山・街道を活かし、多極連携・交流都市圏」の実現を目指していく。

令和元年9月定例議会質問一覧

水野敏夫
Q【35人学級について】静岡県ではすでに35人以下学級の下限撤廃が実施されている。下限撤廃は効果があると認識しているが、静岡市では25人下限撤廃し、少人数学級にする考えはあるか。

A:(市長)教員に関する権限委譲が行われた29年度から、35人で1クラス編成できるよう各学校に教員を配置してきた。一方で、1クラスの人数が25人以下にならないように下限を設定しているため、1クラスあたり36人以上の学級が存在している。
 新しい学習指導要領が令和2年度から全面実施されることに伴い、「課題を解決する能力」などを育成していくことが重要となる。このことから、将来にわたって大きな財政支出を伴うものであるが、令和2年度のタイミングで下限を撤廃し、静岡市型35人学級編成の完全実施に踏み切りたい。

稲葉寛之
Q農業支援として、高齢化等により労働力が不足する農家に対して、また新規就農者の確保に向けて、市はどのような取組みを行っていくのか。

A:労働力不足の解消に向け、人材確保の支援策として、「援農ボランティア事業」を県内初の取組みとして実施。またシニア世代の就労サポート窓口「NEXTワークしずおか」を農業分野においても活用。さらに機械導入に対する支援策を実施し、農作業の省力化を進めている。
 将来の担い手確保に対しては、清水区蒲原の「アグリチャレンジパーク蒲原」の活用による人材育成。国の「農業次世代人材投資事業」による新規就農者の生活支援。さらに、県・JAと連携し、就農を希望する研修生を地域全体で受け入れる「がんばる新農業人支援事業」などを実施している。

佐藤成子
Q:静岡市は、「2025年まで静岡市の総人口70万人維持」を目指している。晩婚化や晩産化等、様々な社会状況の変化を踏まえ、静岡市ではどのような結婚・出産・子育て支援をしているのか。

A:【結婚支援】独身男女の出会いイベントの開催等を行ってきた。計106回開催し、403組のカップル成立、このうち、15組が成婚に至っている。
【出産支援】「妊婦健診」の助成回数や「産後ケア事業」のメニューを拡充し、利用者を大幅に増加させた。また、本市独自の「ママケアデイサービス」を開始し、大変好評を得ている。
【子育て支援】保育所等や放課後児童クラブの整備に取組んできた。保育所等では2年連続待機児童ゼロを達成。放課後児童クラブでも待機児童が大幅に減少し、大きな成果を挙げている。

後藤哲朗
今回の質問は、@被災後の地域回復について、A災害ボランティアについての2項目質問を行った。主には、大規模災害後の静岡市を回復していく上で、重要な要素となる人口の社会増減に影響を及ぼす要因分析等から地域継続の戦略を検討するワーキングチームの設置を要望した。
 このワーキングチームでは、現状の静岡市の人口分布と動向、産業構造の解析、南海トラフ地震発生時の人的被害想定及び沿岸域産業集中地域の被害想定、市内の主要産業の被災による経済活動の停滞・縮小などによる経済的損失の想定算出など市民への影響を把握した上で、産業構造を含めた被災地域の復旧、復興計画の方向性等の検討の他、事前対策として行政が実施できるありとあらゆる対策について検討を行うことを求めた。

令和元年6月定例議会質問一覧

稲葉寛之
Q:4月より施行が始まった中小企業・小規模企業振興条例を通じて、どのように中小企業を支援しようとしているのか。

A:真に中小企業の支えになる、実効性に重きを置いた条例とするため、「市の責務」として、企業にとって最大の財産である「人材」に着目し、小学校期におけるものづくり教育から高齢者の就労促進までの「人のライフステージ」に応じた支援を、また、創業に始まり、経営の安定から事業承継に至るまでの「企業の成長ステージ」に応じた支援を、切れ目なく行っていくことを、本市ならではの考え方として掲げている。「人材の確保・育成」、「創業・新規事業の創出」、「生産性の向上」の3つの施策に重点的に取り組んでいく。

佐藤成子
Q:< 市長の政治姿勢について> これまでの8年間をどう評価し、3期目につなげていくのか。

A:この8年間を振り返ると、常に本市の将来の発展を願い、土台作りに力点を置き、その準備を整えることができたと自己評価している。3期目では未来の静岡のための投資を着実に実行していく。 また、急速に進む人口減少や少子高齢化という課題を抱える本市が「持続可能なまち」となるために、中心部などの拠点エリアへ必要な都市機能が集約し、公共交通などが利用しやすく暮らしやすい「コンパクトなまち」を目指していく。

平成31年2月定例議会質問一覧

■代表質問   池邨善満

平成31 年2 月議会において、池邨善満政調会長が志政会を代表し質問にたち、市長の政治姿勢や静岡市総合戦略について、成長性、健全性、効率性の向上を求めました。(以下質問抜粋)


Q:大谷・小鹿地区の「工業・物流エリア」への企業立地ニーズは、どれだけあるのか。 また、企業立地がスムーズに進むためにはどのようなことが必要か。

A:現在までの企業への聞き取り調査などの結果、合計50 社・60haを超えるニーズを把握しており、高い関心が寄せられている。今後、整備される約17haの産業用地においては、約650 人の雇用創出が見込まれる。企業立地がスムーズに進むためには、地権者の取りまとめや、企業との交渉窓口などを担う組織の設置が必要となるため、今後は、このような組織が早期に立ち上がるよう、土地区画整理組合や地権者などに対するサポートを行っていく。

Q:「静岡市のお茶」の消費拡大に向け、市はどのように関わっていくのか。また、海外の消費者に向けたPRをどのように進めていくのか。

A:現在、本市では「静岡おみやプロジェクト」などにより、商品開発から販路開拓に至るまで、専門家による一貫した支援に取り組んでいる。今後も、お茶の個性や特徴をわかりやすく紹介するなど、消費者の視点に立った取組を進めていく。 海外でのPRについては、現在、主にイタリア・ミラノ市とドイツ・ベルリン市 において、お茶のプロモーションに取り組んでおり、試飲販売や手揉み茶の実演等により、「静岡市のお茶」の認知度向上と取扱量増加を図っている。今後は、「静岡市お茶大使」であるダニエレ・マッサーロ氏や在外公館等と連携して商圏の拡大を図り、輸出量の増加に努めていく。

Q:障がい者の工賃向上と就労のため、どのような取組をしているのか。

A:「障害者就労工賃向上モデル事業」の事例報告会を開催したほか、「東京ガールズコレクション」など多くのイベントでの販売機会拡大に努めた。 また、企業とのマッチングを目的とした説明会「就フェス」を平成30 年7 月に開催。23 社の企業関係者が参加し、就労移行支援事業所と企業との関係構築を図ることができ、本年4 月からの就労にも結びついている。

Q:清水都心のあるべき姿を、どのように市民に示していくのか。

A:現在、新清水庁舎や海洋文化拠点施設の事業に着手し、周辺まちづくりへの寄与も意識しながら検討を進めているが、清水都心には、清水駅北東エリアなど、具体的な方向性が定まっていない地域もあり、都心全体の将来像を具体化するには、民間開発等の担い手の参画や、港湾の整備・利活用計画との整合などを図りながら進める必要がある。 このような認識のもと、平成30 年4 月から、本市と県、港湾企業等が参加して組織した「清水みなとまちづくり公民連携協議会」において、清水都心周辺の企業・地権者のヒアリングなども行いながら、途中経過の情報発信や、ワークショップの開催なども実施してきた。 今後、公民連携協議会は、とりまとめたグランドデザインを4 月に市民の皆様へ説明し、共に考える機会を設けながら、7 月の清水港開港120 周年記念行事の機会に正式に公表を行っていく予定。

Q:「高校生まちづくりスクール」の現在までの取組状況と来年度の予定はどうか。

A:高校生まちづくりスクール」は、若者からの提言を機に、平成29 年度から開始した。 この講座は、高校生が座学だけでなく、実際に地域へ出て活動することが特長で、平成30 年度は27 名が講座に参加している。具体的には、ゴミのポイ捨ての防止や中心市街地以外の賑わい創出など、高校生が自分たちなりにまちづくり活動を展開している。 平成31 年度は、市民活動団体と高校生とが出会う機会を増やすことで、参加者の活動が広がり、深い学びを得られる講座としていく。また、この講座を「静岡シチズンカレッジこ・こ・に」のプレ課程として位置づけ、シチズンシップに富んだ人材の育成を強化していく。

平成30年11月定例議会質問一覧

中山道晴
Q:2021年開館予定の歴史文化施設で、基本計画では「家康公と駿府」を柱とした歴史博物館とのことだが、家康公の展示の特徴はどのようなものか。

A:特徴は3つ。1つ目は徳川家康公75年の人生に焦点を当てた全国初の博物館であること。2つ目は、幼少期の家康公を育て強い影響力を与えた今川氏とのつながりを語ること。3つ目は、「家康公研究室」を設け、市民と専門家が一緒になって資料調査などに取り組み、最新の成果を展示に反映させるとともに日本の家康研究の中心となるよう目ざしていくことである。

石井孝治
Q:ラグビーワールドカップに向け公認チームキャンプ受入とファンゾーンの準備はどのようになっているか。

A:本市では、イタリア代表の公認チームキャンプ地に関する契約を締結した。公認チームが最高のコンディションで大会に臨めるよう、しっかりとした準備を進めていく。 また、ファンゾーンは大型スクリーンによるパブリックビューイングやステージイベント、飲食ブース、ラグビー体験コーナーなどを楽しむことができるイベントスペースで、駿府城公園に設置される。本市の魅力発信や賑わい創出の契機となるよう、引き続き県と共に取り組んでいく。

佐藤成子
Q:「高等教育のあり方検討会」はどのような目的で開催しているのか。また、会の特色はどのようなものか。

A:東京一極集中が解消されない中、優秀な人材を地域で育成し、地元で活躍できる仕組みを構築することは、静岡市の将来に渡る持続的な成長のカギである。国レベルでの議論をただ待つのではなく、各分野の有識者を集め、市独自で高等教育のあり方を検討する場を設けることとした。 間口、奥行のあるテーマであるため、市が提示した素案に対する意見を求めるという手法は採らず、各委員が論点や解決策を自由に発言するという新たな試みを行っている。

平成30年9月定例議会質問一覧

水野敏夫
Q:多学年指導において困難性を伴う「自閉症・情緒障害学級」に、多学年指導を補助する非常勤講師配置のような支援を行うことはできないか。

A:「自閉症・情緒障害学級」の指導充実のため、量と質の両面から改善していきたいと考えている。 量的改善としては、地域の特別支援教育を推進する専門性の高い教員が配置できるよう「特別支援学級コーディネーター教員加配の新設」を国に対し要望している。また、質的改善については、H30年度から「特別支援学級担任」や「通級指導教室担当」を特化して担う教員を採用する「特別支援教育推進枠」を設けた。これは全国でも先進的な取組みである。今後も、本市の特別支援教育を推進する役を担う教員を計画的に採用・配置していく。

後藤哲朗
Q:BCP策定支援について、今後どのように取り組んでいくのか。

A:中小企業において、BCP策定の必要性を実感するまでに至っていないため、BCP策定に向けた気運を盛り上げることが必要である。今後は、危機管理をテーマとしたセミナー開催と共に、市内外の中小企業の好事例を「見える化」し、BCP策定の意義についての理解と策定意識を高めていきたい。

Q:頑張る子どもたちの活躍の周知についてどう考えるか。

A:市長顕彰制度や市長表敬訪問、市長賞交付と共に、報道機関等への情報提供を通じて、市としても頑張る子どもたちを応援しているが、今後は新たな試みとして市公式のSNSやホームページにおいても広く発信していく。

佐藤成子
Q:3次総及び総合戦略の評価報告を受け、今後市としてどのように施策へ反映し取り組んでいくのか。

A:外部評価委員会からの指摘事項は2点。1点目は時勢に応じた政策体系の見直しが必要であるということ、2点目は政策の成果を捉えるための適切な指標の設定が必要である、ということである。 1点目の政策体系に関しては、今回の意見を参考に4次総策定時に反映していく。2点目の成果指標に関しては、この10月から3次総10分野すべての政策・施策について、指標の的確性に関する検証を行い、3次総後期実施計画に反映できるよう、追加・修正作業を進めていく。

平成30年6月定例議会質問一覧

石井孝治
Q:学校プールの多くは高度経済成長期に学校と共に整備され、その多くが経年劣化のため老朽化しているが、本市の学校プールの現状はどのようか。またその対策はどのようにしていくのか。

A:小中学校の学校プールは、全部で125か所あり、そのうち設置から40年以上経過している学校プールは、58か所。これらの中には老朽化の著しい施設もあることから、老朽度合を調査し、併せて、利用期間や授業などでの利用状況を考慮し、現場の意見や他都市の事例などについて、広く情報収集を行い学校プールの在り方を今後研究していく。

池邨善満
Q:SDGsの推進にあたっては、市民の理解と優先課題を明確にし、進め方をわかりやすく示す必要がある。取組むメリット、優先する項目、スケジュール、自治会・町内会の役割について伺う。

A:SDGsが、環境、社会、経済の三側面で語られるのは、従来の環境保全と経済拡大を対立の図式でとらえるのではなく、双方の発展が可能であるという考えに立っている。SDGsの市民認知度を高める取組みとして、来年1月3日の成人式から東京ガールズコレクションまでの間を「SDGs推進ウィーク」と定め、普及啓発を強力的に進めていく。

※「SDGs(持続可能な開発目標)」とは…
持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。

平成30年2月定例議会質問一覧

■代表質問   池邨善満

平成30年2月議会において、池邨善満政調会長が志政会を代表し質問にたちました。質問では、市長の政治姿勢や行政マネジメント強化、重点事業について問い質しました。


Q:海洋産業クラスター形成ビジョンに基づく開発プロジェクトの進捗はどうか。また、市としてプロジェクトに取り組むねらいはなにか。

A:現在本市では、クラスター協議会を中心に、水産加工食品、造船・舶用機器、海洋観測機器の開発など計9件のプロジェクトを推進している。  短期的なプロジェクトとしては、水産加工食品の開発などが進められている。なかでも、地元缶詰メーカー山梨缶詰と静岡県立大学が産学連携で取り組む「おみや水産缶詰の開発」は、地元特産品のシラスを活用し、観光客をターゲットとしたお土産用の新たな缶詰の商品化とともに、販売促進に向けたレシピ開発を目指す。開発は順調に進み、本年4月には商品化が実現する予定であり、本市は、その後の販売戦略について、企業と二人三脚で取り組んでいく。  クラスター協議会を中心に、こうしたプロジェクトを率先して支援し、具体的成果をモデルケースとして広く示すことで、地域企業が新事業の創出を目指す自発的な取組を誘発していく事業環境を構築したい。

Q:小中学校への空調機器設置に向けた取組みについて 温度測定の結果について地域特性はどのようになっているか。また、施設整備に向け市内企業との連携は。

A:平成28年度夏に実施した、小中学校普通教室の温度測定結果では、全体の95%の学校で28度を超え、73%で30度を超えていた。また、市街地と中山間地に区分し検証した結果、地理的な大きな温度の差は確認できなかった。  市内企業との連携については、平成30年度の空調設備導入検討調査の実施の際には、市内の空調機器メーカー等から情報や技術的ノウハウ等を得ながら、普通教室に最適な空調機器の仕様や、設置費及び維持管理費、民間資金の活用を含めた整備手法を検討していく。

Q:H30年度中に策定予定の「中小企業振興基本条例」の内容はどのように考えているのか。そして、どのように中小企業支援を進めていくのか。

A:中小企業の振興には、中小企業自身の努力はもとより、地域社会全体が、地域の発展のためには中小企業の振興が重要であることを理解し、支援していくことが重要。  中小企業には、経済の活性化や雇用の創出など、地域における自らの役割を認識し、主体的に経営改善に努めることが基本であることを規定。また、市や経済団体、金融機関などには、中小企業支援の役割を果たすことを求める。そして、市民には、地域商店の活用や地元企業の製品の購入などへの協力を求める。また、条例には、「事業拡大」や「事業承継」といった中小企業振興の基本的な施策を掲げる。  中小企業振興条例を原動力として、「がんばる中小企業」を後押しすることにより、本市の中小企業の振興、ひいては、本市の産業・経済全体の活性化に、力強く取り組んでいきたい。

Q:平成29年度出資団体監査を受けて、市は「駿府匠宿」のあり方について、どのように考えていくのか。

A: 匠宿は、本市地場産業と地域の歴史をテーマに、その情報発信拠点として大きな役割を果たしてきたが、近年、ツアーバスの距離規制の影響により団体客が減少するなど、来場者の増加対策が課題となっている。  今後の方向性としては、東海道の歴史や文化などの地域資源を積極的に活用し、「駿河東海道おんぱく」における体験型プログラム創出事業との連携や、地元との連携により、新たな客層を匠宿に取り込むことで来場者を増やし、伝統工芸の情報発信、地場産業の振興を図る。  また、別館については、アセットマネジメントの観点から機能の本館への集約を検討するなかで、地元による地域の情報発信の場としての活用も選択肢の一つとして検討していく。

■総括質問(個人質問)
石井孝治
1 特別支援教育について
(1)特別支援を必要とする児童生徒のための取組状況について
2 自転車の活用によるまちづくりについて
(1)本市の取組状況について
(2)レンタサイクルについて
風間重樹
1 市長の政治姿勢について
(1)パブリックコメントに関する市長発言について
(2)合意形成について
2 清水庁舎移転について
(1)基本構想案について
(2)住民アンケート調査結果の扱いについて
3 桜ヶ丘病院について
(1)清水病院の経営への影響について
(2)桜ヶ丘病院の移転を考える会の質問状について

平成29年11月定例議会質問一覧

風間重樹
1 今後の大規模投資と財政見通しについて
(1)今後予定される大規模投資について
(2)財政の中期見通しについて
2 清水港海洋文化拠点施設構想について
(1)整備手法について
(2)今後のスケジュールについて
3 清水庁舎移転について
(1)市民意見の聴取について
(2)現庁舎の現状について
(3)国や県、民間施設との複合化について
(4)本庁舎への機能集約について
4 桜ヶ丘病院の移転について
(1)津波浸水想定地域への誘導してはいけない施設群について
(2)発災直後、津波警報解除前の搬送・救護体制について
(3)災害予見性に対する責任について
(4)市民への説明責任について
池邨善満
1 東海道歴史街道でおもてなし
(1)東海道二峠六宿を活かした観光交流について
2 静岡市汚水処理計画について
(1)各種汚水処理施設の整備区域の見直しについて
佐藤成子
1 静岡市が目指す都市像について
(1)都市計画について
(2)都市計画道路について

平成29年9月定例議会質問一覧

風間重樹
1 清水都心のまちづくりについて
(1)清水都心のまちづくりについて
2 清水庁舎の移転について
(1)清水庁舎の移転について
3 桜ヶ丘病院の移転について
(1)桜ヶ丘病院の移転について
石井孝治
1 立地適正化計画について
2 空き家問題について
(1)空き家の現状について
(2)空き家対策について
(3)空き家の活用について
後藤哲朗
1 自然災害の備え
(1)災害協定について
(2)避難所の運営について
池邨善満
1 静岡市総合戦略について
(1)人口の推移と総合戦略・基本目標値について
(2)「まち」の存在感を高め、交流人口を増やす戦略について
(3)「しごと」を生み出し、雇用を増やす戦略について
(4)女性・若者の活躍を支え、子育ての希望をかなえる戦略について
(5)アセットマネジメントの進捗について
2 住宅資金利子補給施策について
(1)制度導入について

平成29年6月定例議会質問一覧

水野敏夫
1 教育行政について
(1) 新教育委員会制度における教育長としてのあり方について
(2)多忙化解消について
(3)学校給食について
(4)小・中学校施設の老朽化について
2 県費負担教職員権限移譲について
(1)教職員の給与について
(2)権限移譲における本市の独自性について
(3)本市の休暇制度について
風間重樹
1 清水まちなかタウンミーティングについて
(1)清水まちなかタウンミーティングについて
2 清水区のまちづくりについて
(1) 清水区のまちづくりについて
3 清水庁舎の移転について
(1) 清水庁舎の移転について
4 桜ヶ丘病院の移転について
(1)桜ヶ丘病院の移転について
栗田知明
1 桜ヶ丘病院移転について
2 清水庁舎移転について
3 高部地区の桜ヶ丘病院予定地の跡地について
4 清水区における中心市街地の街づくり都市計画について
5 サッカースタジアム建設問題について

平成29年2月定例議会質問一覧

■代表質問   中山道晴

平成29年2月議会において、中山道晴政調会長が志政会を代表し質問にたちました。質問では、市長の施政方針、平成29年度当初予算案、議案が上程されたのを受け、市長の政治姿勢や重点事業について問い質しました。

Q:市長の政治姿勢おいて、清水桜が丘病院移転の件で、市長の政治判断の基準はどのようなものであったのか。

A:清水庁舎跡を清水桜が丘病院移転候補地とした政治判断は、清水区民にとって清水桜が丘病院の撤退は、絶対に避けなければならないとの判断からである。

Q:感震ブレーカー設置補助について、震災時電気火災の発生予防の効果と市民への周知方法はどうか。

A:阪神淡路大震災では、火災のうち約6割が電気火災であった。南海トラフ巨大地震における本市での火災による家屋消失は37,000棟とされており、電気火災は相当数に上るものと推測され、感震ブレーカーの設置は被害軽減の有効な手段であると考えている。 感震ブレーカー設置補助の周知方法については、自主防災連絡会で説明を行うとともに、全自主防災組織へチラシを配布する。また、広報紙やホームページを通じ広く市民へ周知していく。

Q:駿河区における地域福祉の拠点整備をどのように進めていくのか。

A:H29年度に南部図書館の二階を改修し、福祉相談窓口、ボランティア活動室、多世代交流スペースなどを設置し、駿河区における地域福祉の拠点としていく。

Q:議員発議により策定された「静岡市市民による自転車安全利用の確保に関する条例」について、学生のマナー向上に向けた取組みはどのようなものか。

A:1.条例のPRチラシを市内すべての高校生と中学生に配布し、条例の趣旨を浸透させる。
2.自転車専用レーンや駐輪場といったハード面の整備とあわせ、正しい走り方や使い方について啓発指導に努める。
3.高校生の通学ルートへの自転車安全指導員配置に向け、指導権限、配置エリア、指導員の確保などについて検討していく。

Q:子どもの教育環境改善について、小中学校の普通教室へのエアコン設置をどのように考えているか。

A:普通教室内の環境改善にはエアコン設置は有効な手段であると考えているが、市内全校へのエアコン設置には相当な額の予算が必要である。 本年度、夏季・冬季の全校の教室内温度測定と抽出で測定機器を設置し精密測定を実施した。H29年度は、測定結果などの分析を行い、他自治体の先進事例を参考に事業手法の検討をしていく。

Q:教職員の多忙感解消のため「校務支援システム」の導入整備に着手したようだが、整備状況と今後の予定はどうなっているのか。

A:本年度、現場の教員の声を聞きながら静岡市の仕様をまとめた。H29年度は業者選定、学校での運用環境の構築を行い、H30年度からの運用開始を予定している。

Q:中小企業における女性活躍の取組みについて、どのような支援を行っていくのか。

A:女性が活躍していくためには、雇用を継続できる職場環境づくりに企業自らが取り組むことが重要である。しかし、中小企業においては、継続就業を支援する雇用条件整備に向けた意識が経営者をはじめ組織全体に浸透していないこと、またそのやり方がわからないことなどの課題がある。 これらを踏まえ、本市ではH29年度に「企業向けセミナー」を開催する。具体的には、経営者・管理者・従業員と各階層に参加していただき、先進的な取組みを行っている企業の事例を手本に、自社の取組みに活かせるようなノウハウの習得と参加者の意識改革を図っていく。

■総括質問(個人質問)
栗田知明
1 桜ヶ丘病院移転について
2 新庁舎建設について
3 中心市街地の活性化について
風間重樹
1 桜ヶ丘病院の移転について
2 清水庁舎の移転について
3 JCHOの正式決定について

平成28年11月定例議会質問一覧

風間重樹
1.桜ヶ丘病院について
(1)経過について
(2)決定前の協議について
(3)救護病院の在り方
(4)清水庁舎移転の必然性について
(5)清水庁舎の場所について
2.清水天然ガス発電所建設計画について
栗田知明
1.桜ヶ丘病院移転問題
2.桜ヶ丘病院移転候補地について
3.安全安心して生活できる環境を
(1)水害問題について
平島政二
1.清水エスパルスについて
(1)今年の支援と今後の支援について
2.里親事業について
(1)里親事業の推進について
3.生活困窮者自立支援制度について
(1)一時生活支援事業について
遠藤広樹
1.市民の安全安心について
(1)危機管理について
(2)地域防災計画について
(3)住宅の地震対策について
2.外国語教育について
(1)児童・生徒の英語力向上
(2)ALTの現状と今後の取組
(3)英語教育導入に対する教 職員への対応策について
石井孝治
1.観光と市静岡のおもてなしについて
(1)おもてなしの人材育成
(2)おもてなしの意識醸成
2.次世代を担う人材育成について
(1)持続可能な社会の担い手を育む教育について
(2)ユネスコスクール
佐藤成子
1.命を守る政策について
(1)健康長寿のまちづくりについて
・骨髄バンク推進助成制度創設について
池邨善満
1.津波避難浸水区域での同報無線難聴地域への発災時の情報提供について
(1)同報無線の設置について
2.市役所の緊急時避難誘導
(1)静岡庁舎内火災発生時の避難誘導について
3.大谷・小鹿地区まちづくりに伴う周辺への影響
(1)本市の考え方と進め方

平成28年9月定例議会質問一覧

風間重樹
1 桜ヶ丘病院の移転について
(1)桜ヶ丘病院の移転について
佐藤成子
1 質の高い行政運営の推進について
(1)人材確保について
(2)人材育成について
(3)市民力向上について
2 教育環境の充実について
(1)権限移譲に伴う教育予算について
(2)しずおか教師塾について
(3)小中一貫教育について
鈴木直明
1 まちなかの魅力向上による賑わい創出
(1)市民が感じる中心市街地の魅力
(2)まちづくり人財と団体の活動支援
(3)清水港客船誘致の推進
2 「攻め」の観光戦略
(1)「攻め」の日本版DMO設立
(2)「攻め」のMICE誘致
栗田知明
1 桜ヶ丘病院移転問題
2 清水港日の出地区の開発
3 折戸湾の今後の利活用について
4 新興津地区の建設

平成28年6月定例議会質問一覧

鈴木直明
1 静岡ブランド・コミュニケーション戦略
(1)「攻め」の広報戦略
(2)「攻め」のMICE戦略
(3)「攻め」の観光戦略
2 子ども子育て支援
(1)子どもを産み育てる環境づくり
(2)子育てと仕事の両立支援
風間重樹
1 桜ヶ丘病院の移転問題について
(1)市長見解について
(2)移転候補地の検討過程について
平島政二
1 人口70万人維持について
(1)子育て支援について
(2)中小企業振興について
(3)小中一貫教育の推進について
(4)駿府城公園の整備について
石井孝治
1 JR静岡駅南口の更なる発展について
(1)JR静岡駅南口周辺の整備について
2 オープンデータの活用について
(1)オープンデータ活用の現状について
(2)今後の展開について
池邨善満
1 入浴着の着用について
(1)入浴着での入浴に対する市の認識と取組みについて
2 中小企業支援策について
(1)戦略産業振興プラットフォームについて
栗田知明
1 桜ヶ丘病院移転について
2 企業進出・市内企業移転に対する対策について
佐藤成子
1 第3次総合計画推進について
(1)組織機構改正について
(2)評価・検証について